青葉台ローンテニスクラブ
規約
 第 1 章   総 則

第1条(名称及び所在地)本クラブは、青葉台ローンテニスクラブ(以下、クラブ、会)と称し、横浜市青葉区青葉台2−15−1に本拠を置く。

第2条(運営・目的)本クラブは、()クリエイトコーポレーション(以下、会社)が管理運営するものとし、テニスにより健康な肉体と精神を作ることを目指し、テニス文化を高め、テニスの普及発展に寄与し、これらを通じて地域社会へ貢献することを目的とする。

第 2 章   会 員

第3条(会員)会員は以下の通りにコートを使用できるものとする。但し、定められた使用可能時間内でも、大会やその他の行事等によりコートが使用できなくなる場合がある。その場合、事前に会員には通知するものとする。会員が使用できるコートは、クラブ側の指定するコートとする。

(会員の期間)会員の期間は4月から翌年3月までの1年間とする。(会員の種類)@正会員 A平日会員 B平日午前会員
(料金)
@正会員
  
入会金
/ ・・・25.000円
更新料
/ ・・・24.000円
 月会費   ・・・14.500円 

A平日会員
 
入会金
/ ・・・21.000円 
更新料
/ ・・・20.000円
 月会費   ・・・12.500円

B平日午前会員

入会金/ ・・・21.000円
更新料/ ・・・20.000円 
 月会費
   ・・・11.500円

※保険料/年1.200円(入会金・更新料に含む)


(使用時間)   
正会員 ・・・・・・ 全ての曜日

平日会員 ・・・・・ 土・日を除く全ての曜日

平日午前会員・・・・ 土・日を除く全ての曜日の13:00まで

            
(定休日)火曜日  ・・・・・ 但し、クラブ主催行事等のない場合、会員の自己責任原則を前提とした利用を妨げない。

(ビジター)
ビジター ・・・・ 会員の家族、紹介者の場合

平日 3時間2.000円 
終日 3,000円
土日祝3時間3.000円 
終日 4,000円 とする。

※ 会員ビジター制度参照

(コート利用時間)通年 土・日・祝 9:00AM 〜 日没土日祝は9:00AM〜10:00AMの間は、使用コートは1面とする。
平日 9:00AM 〜 日没

第4条(幹事)クラブ運営に協力し、会員とクラブの意思疎通を図る為、クラブの推薦を得て若干名の世話人をおく。

第5条(保険)本クラブ入会時には、全員テニス保険に加入するものとする。(入会金・更新料に含む)

第6条(入会手続き)本クラブに入会を希望する者は、所定の様式に従い入会手続きを行い、本クラブの承認を得た後、入会金、会費の納入(月会費については毎月、預金口座振替依頼書での口座振替)を完了し、資格を得ることとする。

第7条(入会金・月会費)概納の入会金、会費、その他の諸経費は返還しないものとする。


第8条(会員資格の譲渡)クラブ会員の資格は、いかなる場合も譲渡できない。

第9条(会員の休会) 会員は病気、転勤等やむを得ざる理由により休会することができる。休会期間 休会期間は4ヶ月単位、最長1年。休会を延長する場合は、様の手続きをすることとする。
休会費  毎月、月会費の3分の1を納めることにより、最長で1年間会員資格を保留する。
月会費は、休会する月の前月の月会費とする。 
支払方法 毎月の分納、又は初月に一括払いとする。
 
届 出  休会を希望する月の前月の20日までに休会届を提出することとする。
復 会  届け出た休会期間を満了した時点で復会となり、通常の会費を納めることとする。届け出た休会期間満了前に復会を希望する時は、復会届けを提出し月会費を納めることとする。

第10条(退会)会員が退会を希望する場合は、前月の10日までに退会届を提出し、会費等の未納分がある場合は完納する。また、入会金、更新料は返還しないものとする。

第11条(会員の種類の移行) 会員の種類の移行を希望する場合は、クラブの承認を受けた後、所定の手続きを経て、入会金、会費等の差額を納入することにより、その資格を得るものとする。但し、差額の返還は行わないものとする。

第12条(除名)会員が次の1つに該当した時は、本クラブはその会員を除名する事ができ、原則として除名した者の再入会は認めない。この場合、入会金、会費、その他の諸経費は、一切返還しないものとする。
@     本クラブに対する諸支払いを期限までに納入せずクラブの請求に応じなかった時
A     本クラブの諸規則に違反した時
B    
その他、スポーツマン精神に反する行為をなした時、他の会員に迷惑をおよぼした時、クラブの秩序を乱した時


第13条(会員資格の喪失)

会員は次の場合に資格を失う。
@       退会又は、死亡した時
A       除名された時

第 3 章   附 則

第14条(助成金)会社は当クラブ施設の拡充及び改修等の場合、会員より施設維持費、賛助金等の助成金を徴収することができる。

第15条(更新料・会費等の改正)月会費、入金、その他の諸経費は、経済情勢等を考慮し更改する場合がある。

第16条(契約の解除) 本クラブは、次の理由により施設の全部または一部を閉鎖あるいは、解散する事が出来る.
@       天災地変、法令の改正、社会情勢の著しい変化等の時
A      
施設の改造又は補修をする時
B       @A以外のやむをえない事情で、本クラブが会員との本規約による契約を解除する場合は、6ヶ月前までに会員に通達するものとする。

第17条(規約の改正)本クラブの運営をするために、規約を改正または、変更することがある。

第18条(コート使用面数)スクールと会員使用コートの面数・時間帯は、別に定める。

第19条(免責)クラブ施設内(駐車場を含む)で発生した傷害、盗難、その他の事故については、クラブ、会社は一切の責任を負わないものとする。